POSレジの価格の差

POSレジの価格は各種オプションの有無とベースシステムで分かれていますが、多くは一括導入で値引き等も多く、導入の障壁は少なくなってきています。



もともとPOSレジはキャッシュレジスター分野はほぼ開発が終わってきたと考えられており、主に外部周辺装置とシステム部分が注目されています。
キャッシュレジスターの価格は扱う金額によって変わりますが、数万円から10万円程度が多いようです。
そこに、支払い方法のオプションによってクレジットカードや電子マネー、ポイントシステムが加算されていきます。

これらのオプションは購入後に追加することもできるので自由度は高いです。

POSレジ自体の価格はシステム全体として計上されるのですが、既存のPOSレジを利用することもできるケースが多く、更新する際はシステム側だけという場合も多いです。



POSシステム側の構成としては処理をするサーバとデータ保存用のストレージ、そして通信回線から成り立ちます。
電話回線が利用されていることもありまますが、多くがインターネット回線とVPNなどを利用する仕組みに変わってきています。


システム側はモジュール化されており、必要な解析システムに合わせてオプションを購入する仕組みとなっています。

オプションによってはサーバの増強が必要なケースも多いですが、スケールアウトしやすいサーバ構成となっている場合が多く、柔軟性がありますが、クラウド対応も考慮された仕組みも多くなっています。

教えて!gooの初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。