ポスレジシステムの仕組み

ポスレジはキャシュレジスターとPOSシステムとバックヤードに設置されるサーバ類から成り立っています。
一般的にポスレジは1台から対応することができ、コンビニ等、レジが1つでも販売管理をすることができ、また、数十台のレジがある大手デパートなどや、チェーン店などでも日々システムが稼働して販売管理、分析が行われており、スケールに合わせてさまざまなシステムが提供されています。
ポスレジはさらに進化も早く、支払い方法やポイントなどに追従できる柔軟性がうりとなっています。ポスレジから出力されるデータは、仕入れ、売上、在庫管理などのデータがリアルタイムに集計されています。
これらのデータは一端サーバに蓄積されて必要な集計にまわされますが、分析に使うアルゴリズムも日々変わっており、お店やチェーン店の方針に合わせて選択され、改良されています。


これらのシステムから得られるデータは仕入れや商品陳列の基礎データとして利用されています。



特に顧客データと販売データは利用されることで得られるデータは多岐にわたります。

有名なエキサイトニュースを知りたい方必見の情報を集めました。

商品の売れ筋から天候との関係性、陳列による売上の変化などお店にとって宝とも言えるデータが多数得られますが、ビッグデータ解析ができるようになったこともあり、データの利用の仕方に注目が集まってきており、新たな知見を得られることが多くなっています。



そのため、これまで売上だけを一喜一憂していた時代は終わり、データ分析について学ぶ管理者が増えています。