タブレットでポスレジができるんです。

ポスレジというものをご存じでしょうか。

売り上げを記録してくれるものですが、個人で出店しようと思うと、なかなか経皮的にも厳しかったりします。

しかし、そんなお悩みもタブレットが解決してくれます。

期待できるガジェット通信情報もきっとあるはずです。

ipadやandroidタブレットにポスの機能をもつレジアプリがあります。

そこに製品を登録し、売り上げを打ち込めば、簡易レジの完成です。

また、情報はクラウドに送信され、一日の売上額、消費税計算、客単価も表示してくれます。



コンビニエンスストアなどのポスレジと何ら変わらないことがタブレットで実現可能です。
また、JANコード作成アプリ、JANコードリーダーをタブレットに接続すれば、本格的なポスレジにすることも可能となっています。



タブレットは中古で安いものなら1万円から入手可能ですし、アプリは基本的に無料ですから最小構成なら1万円あれば組めてしまうということになります。

なんとも経済的なことです。これから独立を目指しているが、レジを持ちたい何が売れていて何割を占めるのかレジ金チェックを簡単にしたいという方にはぜひおすすめ出来る内容です。

アプリも複数リリースされていますのでご自分にあったものを試してみるのも良いでしょう。また、クラウドにアップロードするのであればインターネット環境が必須になりますので、売り場にwi-fiがあればリアルタイムにクラウドに反映されます。
もちろん自宅等に持ち帰り、一気にアップロードしても良いですが、その場合は速報値が出ないので注意が必要です。